記事の詳細

『構成されたIDが間違っているため、サーバープロセスを開始できませんでした。ユーザー名とパスワードを確認してください。』 と表示されてフォルダーが開けません。

Windows 10 C:\Users\… 構成されたIDが間違っているため、サーバープロセスを開始できませんでした。「ユーザー名とパスワードを確認してください。・・・」と警告メッセージが表示されてフォルダーも開けません。
どのように対処すれば解決可能ですか?。

症状と作業実施内容

デスクトップ表示

具体的な症状と作業内容は下記の通りです。

PCのデスクトップは表示されています。
ですが、デスクトップ上のアイコンや「ごみ箱」をクリックすると、「構成されたIDが間違っている為、サーバープロセスを確認できませんでした。ユーザー名とパスワードを確認してください。」とエラーメッセージが表示されます。

エラー表示された後も、デスクトップの項目は今まで通り表示されます。インターネット等はそのまま使用可能です。障害発生時の作業内容はインターネット上からフリーソフトをダウンロードしていました。その途中に、パソコンが強制終了となりました。

それ以後は何かアイコンをクリックすると『構成されたIDが間違っているため、サーバープロセスを開始できませんでした。ユーザー名とパスワードを確認してください。』 という表示が消えない症状になってしまいました。障害発生後は数回、再起動しました。それ以外は特に何もしていません。

その他にはこれまでは、パソコンの電源を入れ、ウィンドウズを起動しログイン時にはパスワードを入力してデスクトップを表示していました。デスクトップには、ごみ箱以外にも、各種フォルダーやアイコンが表示されていますが、デスクトップの背景が以前とは異なり、黒色で従来のデスクトップデザインと違います。

またキーボードで「windowsキー」をマウスでクリックしても動作しません。さらにキーボードの「windowsキー」を押しても反応がありません。

何か、ウィンドウズの不具合が発生していると思い、アップデートを試してみました。その際、「更新プログラムを準備しています。Windows10 を更新しています。お待ちください。」と表示があり、完了した割合:99%の状態でフリーズしている様子で、1日待ってももそれ以上進まず完了できません。キーボードで「Ctrl+Alt+Deleteキー」をクリックして再起動後に再度、同じようにプログラム更新を行っても症状に変化はありません。但し、デスクトップのエクセルファイルは開けます。

原因と対処法

『構成されたIDが間違っているため、サーバープロセスを開始できませんでした。ユーザー名とパスワードを確認してください。』 といったエラー表示がある場合、ユーザアカウントが狂ってしまったか、壊れている可能性があります。ほかにも各種管理情報が壊れている可能性があります。必要なデータをバックアップしたうえで、ウィンドウズOSを初期化リカバリーするのが解決方法としては早いです。
その上で、プリンターやネット環境を再構築し直しする以外に方法がありません。

メーカーにより違う初期化リカバリー

windows10の初期状態に戻す

初期化リカバリー方法は、2000年前後ではリカバリーCD-ROMというものがありましたが、現在では購入時に添付されていません。購入後に自分で作成するか、または特定のドライブにアクセスし、初期化リカバリープログラムを実行する必要があります。

このようなユーザー管理情報が壊れてしまう症状は主に、磁性体の劣化や不良セクターが原因があります。経年劣化により特定箇所の機能が低下し、書き込み及び読み込みが不可能になります。一部の不良セクターにヘッドがアクセスすると制御不良によりヘッドが狂いやすい傾向があります。ヘッドの故障はハードディスクの認識エラーに繋がりやすいので不良セクターの発生には注意が必要です。

そのため、初期化リカバリー時に途中で作業が進まなくなったり、運よく完了できても、再発しやすいので注意が必要です。

磁性体の劣化や不良セクター発生は要注意

磁性体の劣化や不良セクターが発生した箇所によって症状は変わります。お問合せの内容の場合、ユーザー管理やアイコン管理情報が存在する箇所でエラーが発生したと思われます。データにアクセスできるのであれば、データをUSB外付けハードディスクなどにコピーしバックアップする必要があります。

磁性体の劣化や不良セクターは急激に広がるケースもあれば、ヘッドの物理障害を二次的に発生させやすい特徴があるので非常に危険な症状の1つです。特に異音が発生している場合には危険です。速やかに通電作業を中止してください。パソコンや外付けハードディスクは落下衝撃に弱く、机の上から落としてしまったりすると多くのケースでヘッドやモーターの軸受けが故障します。

尚、ユーザーアカウントにはWindows10の場合、2種類が存在します。

ユーザーアカウントの管理

  • 管理者
  • 標準ユーザー

このユーザー管理は「管理者権限」を持つユーザーでなければ変更できません。

データを安全にバックアップしたい場合、データ復旧業者に相談してみることをオススメします。

データ復旧サービス人気ランキング

  1. No.1データピット

  2. No.2オントラック

  3. No.3ロジテック


関連記事

データ復旧サービス人気ランキング

  1. データピット

    1

  2. オントラック

    2

  3. ロジテック

    3

ランキング一覧

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!