記事の詳細

今年もあとわずかになり大掃除や買い物に忙しく動き回っている人も多いのではないでしょうか?

そろそろ年賀状に取り掛かる人も周りには結構います。

年始の挨拶も最近では携帯電話やスマホのメールやSNS・ラインなどで済ます人が多くなってきました。

それでも毎年使い慣れないパソコンで作成して印刷する人もまだまだたくさんいます。

近くのパソコン教室では年末になれば「年賀状の作りかた」を習いに集まっている人の数も多くなります。

年賀状の作成は数回教室に通うだけで立派な作品が教室で出来上がるようですが

いざ自宅で自分のパソコンで年賀状を作ろうと思ってもなかなかうまくいかない人が多いです。

教室で使っているパソコンのボタンやアイコンが違っているとソフトを開くこともできない人がいます。

中には自分のパソコンを持ち込んで講師に尋ねる人も珍しくありません。

パソコンを使う機会が増えても初心者のトラブルはまだまだ後を絶ちません。

特にパソコンを使い始めてまだ間もない人は操作の方法はもちろんですが

コンピュータの専門用語の多さにびっくりしてしまうのではないでしょうか?

教室での質問内容も様々です。

操作の仕方が分からないのはもちろんですが、電源を入れるスイッチから説明しなければいけません。

マウスを使ってのダブルクリックのタイミングが分からなくて押したままマウスを横にずらしてしまって

図が移動したり、文書がおかしくなることも珍しくありません。

自分ではボタンを押した覚えがなくても出来上がった文書や図形を知らない間に削除してしまったり

名前を付けずに保存して上書きになってしまうこともあります。

年賀状を印刷したくてもどのボタンを押していいのかわからない・「はい」「いいえ」って質問されても

イマイチ理解できない人もいます。

専門用語に関しても「デバイス?」「アンインストール?」「OS?」「BIOS?」などの用語のわからない初心者が

システムやソフトウェアのトラブルや困ったときのQ&A「トラブルシューティング」「ヘルプ」という

便利な機能を読んでみても、なかなか解決することは難しいようですね!!

データ復旧サービス人気ランキング

  1. No.1データピット

  2. No.2オントラック

  3. No.3ロジテック


関連記事

データ復旧サービス人気ランキング

  1. データピット

    1

  2. オントラック

    2

  3. ロジテック

    3

ランキング一覧

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!