記事の詳細

パソコンで会社や仕事の資料や会議の準備をしていると突然、動作が鈍くなったり画面がフリーズして

作業が中断された経験のある人は結構いるのではないでしょうか?

「パソコンに衝撃を与えた」「落としてしまった」などの原因がわかっている場合の解決策は事前にわかりますが

作業中の突然のトラブルには焦って対処方法の分からない人も多いです。

よくあるトラブルではいきなりWindowsが固まったため、強制終了して暫く時間をおいてから

パソコンの電源をいれて再起動をしてみたが、Windowsは起動しない・・・

こんな時の問題解決にはまず、スタートアップ修復をすすめる場合が多いです。

回復ツールがWindowsの起動を妨げている原因をPCスキャンして探し出してくれます。

すると回復ツールがスタートアップ関連のトラブルを自動的に修復してくれてシステムを回復してくれます。

また、パソコンの作業中に突然場面がシャットダウンしたり、起動時にブルースクリーンが発生したなどの

トラブルが起きる場合があります。

一般的に古いパソコンがブルースクリーンになった場合の原因はハードディスクが正常に動いていないことが考えられます。

この解決方法は更新プログラムを確認することです。

「Windows Update」と検索のタスクバーに入力してクリックします。

すると「更新プログラムの確認」を「Windows Update」ページで確認することができるようになっています。

ブルースクリーンエラーになった場合はWindowsを最新の状態になっていることで解決することができます。

中には新しいハードディスクに交換したり、追加したことが原因でブルースクリーンにエラーが発生する場合もあります。

原因がハードディスクあると分かっている場合はハードディスクを外してパソコンを起動すると正常に動く場合があります。

スタートアップ修復でも解決不可能の場合は「スタート」ボタンから「コントロールパネル」の「システムとメンテナンス」から

「バックアップと復元」で解決できます。

データ復旧サービス人気ランキング

  1. No.1データピット

  2. No.2オントラック

  3. No.3ロジテック


関連記事

データ復旧サービス人気ランキング

  1. データピット

    1

  2. オントラック

    2

  3. ロジテック

    3

ランキング一覧

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!