記事の詳細

会社や職場でデータ作成や画像などの編集をするためにWindowsパソコンを利用する場合

システムドライブの空き容量が大きいほどアクセスや書き込みの速度が速くなり仕事も効率的です。

しかし、時々電源を入れてもなかなか立ち上がらずイライラしたり、データ入力中に画面が固まってしまい

作業が進まない時があります。

原因として考えられることは極端にシステムドライブの空き容量が少なくなっている場合は

このような現象が起こりやすくなります。

例えば重要な書類作成中やインターネットで株式投資をしたりファンドの売買などをしている時に

突然にパソコンがフリーズしたり、動きが遅くなってしまうと大変な損益が発生する場合もあります。

特に12月に入ると家族の写真や旅行先で撮った写真入の年賀状の作成に取り掛かる人が増えてきます。

動作が遅くてなかなか進まなかったり写真などの加工中にパソコンが固まって年賀状の締切に間に合わずに

イライラした経験があるのではないでしょうか?

システムの空き容量が極端に少なくなるとこのようなトラブルが生じやすいので作業をする前に

ドライブの空き容量を確認することをおススメします。

システムドライブは標準的なパソコンの場合はCドライブにデータは保管されているのことがほとんどです。

パソコンを使用目的として主にデータ入力が多い場合に比べると写真や画像を作成・加工する場合

システムドライブの容量が不足なりやすいので、容量の大きいHDDを購入したほうが作業の効率化が図れます。

しかし、パソコンに詳しくない人や初心者が大容量のドライブやHDDを購入して取り換えるには時間や費用が掛かりすぎます。

なので、不要なアプリケーションやディスクのクリーンアップをして要らなくなったファイルを削除してCドライブの空き容量を

確保することから初めてみてください。

それでも十分な空き容量を確保できない時はドライブの「パーティション」の変更をすることをおススメします。

データ復旧サービス人気ランキング

  1. No.1データピット

  2. No.2オントラック

  3. No.3ロジテック


関連記事

データ復旧サービス人気ランキング

  1. データピット

    1

  2. オントラック

    2

  3. ロジテック

    3

ランキング一覧

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!