記事の詳細

インターネットのサイトを閲覧している時や画像を編集している時に限ってパソコンが固まってしまう時はありませんか?

Windowsが新しいバーションになるに連れてフリーズ(パソコンが固まる)することも以前に比べると随分少なくなったと言われています。

それでも作業が忙しい時や厄介な仕事を抱えた時に限ってフリーズしてしまうことがあります。

フリーズの原因にはメモリーが不足やアプリケーションのバクでシステムがダウンしたり、プログラム同士の干渉などがあります。

また、フリーズの症状ではマウスやキーボードが反応しなくなってしまいます。時々、マウスが動かなくなっても暫くすると動き出すことが結構あります。

作業中にマウスやキーボードが反応しなくても単に作業が保存の量が多すぎて対応が付いていけない場合があるのでこんな時は1、2分程度待っていると正常に動き出します。

万が一フリーズした状態から反応がない場合はキーボードの「windowsボタン」を押して見てください。

暫く待っているとスタートバタンが表示されます。

スタートボタンが出てくると問題は解決されたことになるので通常通りマウスやキーボードは動いてくれます。

Windowsを閉じる前に作業中のアプリケーションがあった場合はデータを保存するか聞いてきます。大事なデータの場合は必ず保存してから終了するようにしましょう。

また、電源ボタンを押して強制終了する方法もあります。

この方法はマウスやキーボーで操作できない場合に強制的に電源スイッチを押してパソコンの電源を切ってしまうことです。

この方法で電源を切ってしまうと保存していない作業中のデータは消えてしまう可能性があります。なので電源ボタンを押して強制終了することはあまりオススメしません。

データ復旧サービス人気ランキング

  1. No.1データピット

  2. No.2オントラック

  3. No.3ロジテック


関連記事

データ復旧サービス人気ランキング

  1. データピット

    1

  2. オントラック

    2

  3. ロジテック

    3

ランキング一覧

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!