記事の詳細

物理障害のHDDは専門のデータ復旧業者でしか対応できない

パソコンが壊れた・・・。USB接続の外付けHDDが認識しない・・・。何かパソコンからカッタン、カッタンと異音がする。外付けハードディスクを誤って机から落としてしまった・・・。このようなケースの場合、内蔵ハードディスクが機械的に損傷しやすく物理障害を発生しているケースがほとんどです。

残念ながら物理障害が発生している場合、個人でデータ復旧できることはありません。また大手家電量販に併設されているパソコン修理工房、例えばPCデポやパソコンの出張サポートでも対応できません。大切なデータが入っている場合、データ復旧サービスの専門業者に依頼することになりますが、イザ、概算見積もりを聞いてビックリということが良くあります。

大体、デスクトップPCやノートPC、USB接続の外付けHDDの区別なく、物理障害のハードディスクの料金相場は30万円~35万円ほどになるからです。BUFFALO製のリンクステーションやテラステーションなどのNASはもっと費用がかかることが一般的です。

物理障害のハードディスクの料金相場

ハードディスク単体 30万円~35万円(税抜)
BUFFALO製リンクステーションなどのNAS 40万円~45万円(税抜)
テラステーションなどのRAID5 50万円~70万円(税抜)

データ復旧費用は会社によってかなり違います・・・。そのため10万、20万円も違うことは良くあることなのです。あとで後悔するまえに!知っておきたい!!

あなたにオススメのデータ復旧会社

物理障害は完全オーダーメイドのデータ復旧になる

そのような時に必ず、『パソコンは15万円ほどで買ったのに、何故、データ復旧料金が新品のパソコン以上に高いのか?』と疑問にもつ人がいます。実際、当サイトにもそのようなお問い合わせが毎月、必ずあります。確かにパソコン自体だけなら・・・

同じ費用をかければ買い替えることが出来ますが、保存してあったデータは元に戻りません。データ復旧サービスは製造工場のように大量生産方式が出来ないのです。言い換えれば、完全オーダーメイド方式でデータを復旧するのです。

物理障害はクリーンルームで作業しないと復旧できない

また、その設備も機械的にトラブルが発生している物理障害のハーッディスクの場合、クリーンルームという特別な施設で行う必要があります。そして、多くのデータ復旧業者がかなりの広告費用をかけています。一番、データ復旧料金の中でもウェイトが高いのはこの広告費用かもしれません。設備代、人件費なども当然、高いのですが、1件あたりの広告費用はデータ復元業者では通常3万円~7万5千円くらいかかっていると云われています。

物理障害HDDを30万円以下で復旧するには余程企業努力をしないと無理

例えば、ヤフーやグーグルで検索をすると右サイドバーにはもちろん、検索結果の上位5サイトほどは企業広告であることがほとんどです。この検索結果に表示させることをPPC広告というのですが、データ復元サービスの場合、大体1クリックあたり300円~750円ほどになります。

あなたが1クリックするたび、広告を出稿している会社は300円、750円と支払っているのです。当然、この広告費用はデータ復旧料金に跳ね返ります。企業広告の売り上げに占める割合は一般的に20%前後と云われています。

つまり1人のお客様にかけている広告費用はやはり3万円~7万5千円位にはなってしまうのです。そのため物理障害のHDD復旧費用は30万円以下にすることは余程企業努力をしないと大変、難しいのです。
尚、ハードディスクの物理障害は何故高いのか?その主な内訳は下記の通りとなります。

物理障害が高額費用になる4つの理由

  1. 大量生産が出来ない完全オーダーシステム
  2. 物理障害の場合、クリーンルームなどの特別な設備が必要
  3. 高度な復旧作業ができる技術者の人件費
  4. 広告費用が高騰している

これらすべての費用がユーザーが支払う復旧料金に跳ね返ってくるわけです。でも、探せば結構安いデータ復元業者も中にはあります。当サイトでも幾つか紹介しているので参考にしてみてください。

データ復旧サービス人気ランキング

  1. No.1データピット

  2. No.2オントラック

  3. No.3ロジテック


関連記事

データ復旧サービス人気ランキング

  1. データピット

    1

  2. オントラック

    2

  3. ロジテック

    3

ランキング一覧

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!