記事の詳細

ハードディスクが物理障害を起こしてパソコントラブルとなった場合、費用は通常20万円~35万円程度になるケースがほとんです。安いところでは20万円前後で対応してくれる業者もありますが、一般的には35万円程度はかかると覚悟した方が良いでしょう。
BUFFALO製のリンクステーションなどのUNIX系の場合、50万円以上かかることも珍しくありません。
尚、データ復元業者の中には、個人向けと法人向けで費用が変わるところがあります。個人の場合には15万円~20万円位で復旧してもらえる障害とデータ復旧容量であっても、会社や各種団体などの法人になると35万円くらいと2倍近く違う場合があります。
料金の違いは主に、請求書や領収書の発行に関わる事務的な作業の有無です。とはいえ、それだけの違いで10万円以上違うことはありえないので、実際は個人のデータ復旧サービス費用は格安にして台数を稼ぎ、法人向けは値引きなしの定価といった感じです。
でも、法人であっても個人用プランに申し込んだ場合どうなるのか?
その場合、会社によっては経費で落ちないケースもあります。というのも見積書は発行されても、請求書および領収書の発行がされないためです。通常、データ復元業者のほとんどが銀行振り込みとなっているため、個人の場合、それでも問題はありませんが、法人なのに個人名義で銀行振り込みを行った場合、会社によっては経費扱いされないケースがほとんどだからです。
小さな会社や、代表者自らが行った場合には、請求書や領収書がなくても振替伝票などで対応できる場合もありますが、多くの企業では難しいでしょう。
なので、小さな会社で代表者が自分で行う場合以外では、法人で使っていたパソコンやUSB接続の外付けHDDなどをデータ復元したい場合には個人向けプランを利用するのは止めておいた方が無難です。
もしくは会社の経理担当と事前にしっかり打ち合わせをしておいた方が良いでしょう。

物理障害で多いケース

尚、物理障害の症状には幾つか代表的な事例があります。

何か異音がし始める

例えば、ハードディスクから異音がする。ハードディスク内部にはヘッドとヘッドアクチュエーターと呼ばれるヘッドを動かす部分があるのですが、この箇所が故障するとストッパーに当たってカッツン、カッツンといったり、ギーギーと音を発生させます。耳を当てて聞かないと分からないケースもありますが、そのほとんどで明らかな可笑しな音を立てるのです。

机の上からの落下

その他には、机の上から落としてしまったという事例も良くあります。デスクトップPCを落とすことはほとんどなくても、ノートパソコンやUSB接続タイプの外付けハードディスクは小さくて、軽いこともあり、結構落としてしまう人がいます。その場合、上記のような異音がしたり、または変な音はしなくても、モーターが回転しなくなるど、機械的な故障を発生し物理障害になります。

停電による基盤障害

そして、結構あるのが、停電による障害です。会社が休業中にビルの電気設備関連の定期点検があって、土日の間に停電があり、サーバーやパソコンがシャットダウンして起動できなくなってしまうケースです。停電や強制終了が必ず、パソコントラブルを発生するものではないのですが、予期せぬ停電の強制終了は物理障害に発展することが良くあるので注意が必要です。
また似たようなケースでは落雷があります。サージ機能の電源を使っていればある程度は防げるのですが、やはり完全ではありません。季節の変わり目などは気候の変化が激しく、落雷が起こりやすいので、パソコンの使用には注意が必要です。

静電気とメモリー

さらに冬場になると、静電気の問題があります。パソコンや外付けハードディスクなどは筐体カバーがあるので、左程トラブルにはなりづらいのですが、予想外にダメージを受けるものがあります。それはUSBメモリーやSDカードなどの各種メモリー類です。元々、接続箇所がむき出しのため、静電気がたまった状態で触れると、ほぼ一発で故障します。
この場合他の物理障害と違って、データにまで損傷が及ぶケースが多いため、物理障害の中でも最悪の部類になります。機械的な故障とデータの損傷という2重のトラブルになるからです。このようなケースでは、ほぼデータ復元することは不可能です。それは専門のデータ復元サービス会社でも同じで、保存してあったデータ類は諦めるしかありません。

飲み物をこぼしてしまう

そして、季節に関係なく良くあるトラブルの1つにノートパソコンなどにコーヒーなどの飲み物を溢してしまい故障してしまうケースがあります。携帯電話でもトイレや水場に落っことしてしまうケースがあります。通電中の精密機器は基盤がショートして使用不能になります。中には夜中、お酒を飲みながらパソコンを操作していて、パソコン本体だけではなく、外付けHDDに溢して壊してしまう人もいます。
このように物理障害はハードディスクの寿命から起こるものから、自然災害的なもの、そして人為的な操作ミスに至るまで、その原因は様々です。データ消失のトラブルを未然に防げるものや、防ぐことが難しいケースもありますが、ハードディスクの寿命は一般的に3年程度と言われているので、何はなくとも最低3年に1度は新品のHDDに交換することをオススメします。出来れば、1年に1度は新品のハードディスクに換えることで、データ消失の損害をある程度、抑えることが出来ます。
物理障害は基本的に一度、起こしてしまうと良くなることは、まずありえません。なので、上記のような症例に当てはまる場合には、あまり作業をせずにデータ復旧サービス業者に依頼したほうが賢明です。

人為的な操作によるトラブルの悪化

アレコレ操作を繰り返して、症状を悪化させてしまうと、2次、3次災害へと人為的に発展させることになり、取り返しのつかないことになるので注意しましょう。特に男性に多いのが、操作しすぎのトラブルの悪化です。女性の場合、無理に操作を繰り返さないので、現状を維持したままなので、復旧できる確率が高くなるのですが、男性が無茶にいじった場合、逆、復元できる確率は下がってしまうケースが多いので特に注意しましょう。
それは物理障害だけに限らず、論理障害でも同様です。

専門のデータ復旧サービス会社への相談

諦められる程度のデータしか入っていない場合には良いのですが、長年の研究データの蓄積や、過去の決算データ、工事現場の写真や見積もり、そして個人の場合には自分の赤ちゃんが産まれた時の写真や結婚式、結婚披露宴での動画や画像、子供の成長を記録したアルバムデータなど、一度、消失してしまうと2度と手に入らないものがあります。
パソコンにトラブルが発生した場合、交通事故同様に、まずは現状を保全することが最優先課題になります。アレコレ操作をして、データを消失してしまわないように気を付けましょう。そして、信頼できるデータ復元業者に相談してみることをオススメします。

データ復旧サービス人気ランキング

  1. No.1データピット

  2. No.2オントラック

  3. No.3ロジテック


関連記事

データ復旧サービス人気ランキング

  1. データピット

    1

  2. オントラック

    2

  3. ロジテック

    3

ランキング一覧

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!