記事の詳細

パソコンに内蔵しているハードディスクだけでなく、USBの外付けHDDやメモリーカード、USBメモリーなどでも、「ドライブ○のディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」や「フォーマットする必要があります」と表示されることがあります。
パソコンだけに限らず、これらのメディアは購入時に既にフォーマットされた状態で利用できるので、利用者はフォーマットを普段から意識しないで使うことができます。ですが、このことがイザ、トラブルが発生したときに、利用者を困惑させる原因の1つになっています。

<span id=”more-635″>
また、この「フォーマット」は現在のOSではNTFSでしかフォーマットできません。そのためOSが混在している環境で便利なFAT32でのフォーマットは出来ないのです。
尚、「ドライブ○のディスクはフォーマットされていません。今すぐフォーマットしますか?」や「フォーマットする必要があります」と表示された場合、、「No いいえ」をクリックして、フォーマットをしないようにして下さい。
決して、反射的に「はい(YES)」をクリックしないように気を付けてください。
間違えて、フォーマットすると、これまで保存してあった大切なデータが全部なくなってしまうからです。
このフォーマットとは、領域であるパーテーション上にデータを保存できるようにすることです。
OSによってフォーマット形式は違いますが、フォーマットした場合、データはすべてなくなります。
尚、このパーテーションとはハードディスク内を分割した領域のことです。そのため一台しかないハードディスクでも複数のパーテーションで区切ることで、仮想的に複数のハードディスクが存在するかのように使用することが可能になります。
そのためパーティションごとに異なるOSをインストールして、たった1台のハードディスクであっても複数のOSを使うことが出来るようになります。また、例えばパーティションを2つ作成して、1つめを「OS」、2つ目を「データ専用」にしておけば、OSのレジストリーなどが原因で起動できなくなってもデータ領域に保存してあったデータは消失する危険が少なくなり、障害発生のトラブルでも被害を最小限に食い止めることができるので便利です。
また万が一、間違って「フォーマットしますか」とエラーメッセージが表示された場合「はい」をクリックしてしまうと、これまで保存してあったデータが全部、消えてアクセスできなくなるので注意しましょう。
必ず「いいえ」をクリックしてから、データ復旧を優先させるか、データを諦めてウィンドウズを起動させることを優先させるかを決めましょう。

データ復旧サービス人気ランキング

  1. No.1データピット

  2. No.2オントラック

  3. No.3ロジテック


関連記事

データ復旧サービス人気ランキング

  1. データピット

    1

  2. オントラック

    2

  3. ロジテック

    3

ランキング一覧

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!