記事の詳細

パソコンを使いたいと思って電源スイッチを入れると、
< NTLDR is missing >
< C :¥WINDOWS¥SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM >
< Operating System not found >
のメッセージが出てきたり、
モニター画像がブルーのまま、白文字のエラー表示(ブルースクリーン・ブルーバック)が出たり、
セーフモードにしようと「F8」キーを押しても、ウィンドウズが起動しなかったり、
このような場合の、対応はどうすればよいのでしょう?。


一般的に、このような場合は、パソコンのリカバリーディスクを使ったり、
ハードディスクから初期化ドライブを呼び出し、パソコンを再セットすれば、パソコンが正常に使えるようになります。
もし自分では対応出来ないときは、メーカーのサービスセンターに電話連絡してその場で直せることもありますし、メーカーに頼んで初期化リカバリーすれば、パソコンは直ります。障害の程度によりますが、2~3万円程度の費用で済むのが一般です。
以上のいずれの方法を使ってパソコンを修復するにしても、
修復前に必ず確かめて置かなければならないことがあります。
それは、これまでパソコンの中に保存されていたデータは、
リカバリーや修復の作業によって、すべて消失してしまう事です・・・。
従って、パソコンの中に大切なデータがあり、
このデータを消失させては困るときは、
修復前にバックアップデータとして取り出し、
保管しておく必要があります。
このように、是非必要なデータがある場合は、
余計なパソコンの操作は一切せずに、
電源を落としてデータ復旧サービスを専門とする業者に連絡し、
相談することをお勧めします。
色々なデータ復旧を行う会社がありますが、
「データピット.com」と言うデータ復元業者は、早くからこの事業を始め、
多くの経験を積んでいますので、信頼できる業者といえます。
また、様々なパソコンデータに関する問題を経験し、解決していますので、
エラーについての解説も詳しいので、皆さんの参考になります。
データ復旧に関する分かり易い料金表を提示したのも、
また、調査や見積もりを無料で実施することも、
「データピット.com」が非常に早くからおこなったものです。
貴重なデータを確実に再現するには、しっかりしたデータ復旧サービス業者を選ぶことは大切です。

データ復旧サービス人気ランキング

  1. No.1データピット

  2. No.2オントラック

  3. No.3ロジテック


関連記事

データ復旧サービス人気ランキング

  1. データピット

    1

  2. オントラック

    2

  3. ロジテック

    3

ランキング一覧

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!