記事の詳細

パソコンにシステムエラーが起こってしまった場合には、
セーフモードを立ち上げるこによって、最小限の操作のみが出来るようになっています。
電源を入れた直後のメーカー起動ロゴ画面の際中に「F8」キーを押して、
<オペレーティングシステムの選択>画面が出たら、
もう一度「F8」キーを押します。
そして、セーフモードを選ぶのです。
しかし、原因がシステム系統ではなく、ハードデイスクのトラブルだった場合には、
セーフモードは起動できず、操作がすべて拒否されてしまいます。
このような場合、
パソコンが正常に動くようにしたいのか、
それとも、ハードデイスクの中のデータを守りたいのかで、
次に行うべき事柄が違ってきます。


ただし、ここで1点だけ覚えておかなければならないことは、
パソコンの起動を優先した場合には、
ハードデイスクの中のデータが元に戻ることはあり得ないということです。
その点を了承の上で、パソコンをどうしても動かしたい場合には、
メーカーのサポートセンターに電話をして修理をお願いすると、
およそ3万円程度の修理費用で直すことが可能です。
この時に、ハードデイスクの交換やフォーマットの初期化を行なってしまうため、
重ねて言いますが、既存のデータは一切復元できなくなります。
反対に、データ復元の方を優先させたい場合には、
データを取り出した後にハードデイスクの交換を行い、パソコンを起動させることが可能です。
そのためには、まずパソコンに異常が見られたら、何もいじらずに電源を落として下さい。
データ復元ソフトを使えば、自分でデータを戻せるという話を聞いたこともあるかもしれませんが、
有料・無料に関わらず、データ復元ソフトは使用しない方が賢明でしょう。
これらを使って失敗し、二度とデータが戻らなくなってしまった例はたくさんあります。
インストールを失敗してしまったり、復元したいデータの上に新しいデータが上書きされてしまい、
データの復元が不可能な状態になってしまうトラブルが良くあるからです。
もし、どうしても復元ソフトを試してみたいのなら、消失しても問題がないデータの時のみにした方が賢明です。
大切なデータだった場合、あとで後悔しても、どうすることも出来なくなります。
自分で失敗してから、データ復旧業者に相談しても遅いのです。

データ復旧サービス人気ランキング

  1. No.1データピット

  2. No.2オントラック

  3. No.3ロジテック


関連記事

データ復旧サービス人気ランキング

  1. データピット

    1

  2. オントラック

    2

  3. ロジテック

    3

ランキング一覧

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!