記事の詳細

<table cellspacing=”0″ cellpadding=”0″>

ランキング5位
論理障害
物理障害
AOSテクノロジーズ株式会社
30,000~150,000円
126,000~400,000円

(特徴とマイナスポイント)

個人客対応・ネットでの集客に最近になってようやくやる気になってきた?!データ復旧ソフト会社としては非常に有名な会社。『ファイナルデータシリーズ』はこのAOSテクノロジーの製品である。復元ソフト以外に日本データ復旧サービスセンターを運営中


データ復元ソフト「ファイナルデータ」は、15年間も有料のデータ復元ソフトとしてシェアナンバーワンの実績。特に論理障害に高い技術力と信頼性がある。AOSテクノロジーズ株式会社が運営する日本データ復旧センターの「データ119サービス」では、警察、検察などに法廷提出用のフォレンジック調査サービスを提供。レイドやNASなどのサーバー系ハードディスクのデータ復旧にも対応。またパソコンメーカーなどのNECやバッファローと業務提携し広告を展開中。
日本データ復旧センターの「データ119サービス」は1999年創業。

日本データ復旧センターの「データ119サービス」の特徴

  1. 捜査機関向けにはフォレンジック調査サービスを提供
  2. 有料のデータ復元ソフト市場では圧倒的な15年間シェアナンバーワンを記録中
  3. NEC、 ソニー、 バッファローなどの各メーカーと業務提携してデータ復旧サービスを実施

AOSテクノロジーズ株式会社の人気のデータ復元ソフト

  1. ハードディスクのパーティション復元や各種メモリー(USBメモリやSDカード)のファイル復元、フォルダ復元には、「ファイナルデータ特別復元版」
  2. ファイルが壊れて開けなくなったり、文字化けしてしまったエクセルやワードなどのオフィス系ファイルの修復には、「ファイナルデータ復元+Office修復」
  3. デジカメの写真、動画、音楽ファイルのデータ復元なら「フォトリカバリー」
  4. アップル製のMacデータのサルベージなら「ファイナルデータ特別ネットワーク版」

日本データ復旧センターの「データ119サービス」の評判

  1. クレジットカードと代引き対応かのうだったので利用しやすくかった。
  2. 24時間、年中無休とあったので、問い合わせメールを送ったけど、返信は遅く、内容も質問に答えてくれてなかった
  3. 「ファイナルデータ」で復元できなかったので、見積もりを依頼したところ、物理障害で30万円かかると言われた・・・。126,000~(税抜き)で物理障害も復旧できるとHPに書いてあったのに、全然料金が違ったので調査のみで依頼はしなかった。
  4. BUFFALO(バッファロー)製の外付けHDDが故障し、調査を依頼してみた。バッファロー製は30%オフと書いてあったので安く復旧できると期待していたが、見積額は30万円だった・・・。実際は他社の物理障害価格とあまり変わらないのかも・・・。

総合評価

また、この「データ119サービス」は、ヤマト運輸と提携し、故障メディアを預けるだけで、送り先の記入から梱包、発送まで手伝いしてくれて便利です。但し、顧客対応は総じてイマイチ。技術力に定評がありながらサポートが悪い。顧客の質問や問い合わせに対して、もっと早くスムーズに出来ないものか・・・。費用も高額ではないが低価格な物理障害対応できる会社と比較しても10万円以上は高い。費用よりも利便性を優先する個人のユーザーには良いかも!?

データ復旧サービス人気ランキング

  1. No.1データピット

  2. No.2オントラック

  3. No.3ロジテック


関連記事

データ復旧サービス人気ランキング

  1. データピット

    1

  2. オントラック

    2

  3. ロジテック

    3

ランキング一覧

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!