記事の詳細

<img src=”http://www.pc-ambulance.net/wp-content/uploads/img/buturi_ryoukin.JPG” width=”297″ height=”172″ alt=”物理障害のデータ復旧料金相場” align=”left”>物理障害とは
ハードディスク・HDD本体が壊れてしまっているので、HDDの部品交換をしないと正常に動作することができないため、個人でのデータ復旧はまず無理です。


上記の表で物理障害を軽度、中度、重度にわけて記載していますが、多くの業者では物理障害の場合、35万円ほどの費用になることが一般的です。
尚、物理障害とはWindowsの初期化やリカバリーをしようとしてもHDDをそもそも認識することができないような状態をさします。例えHDD復元しようとしても、HDD本体が物理的に 電気的/機械的にHDD(ハードディスク)がクラッシュし始めていたり、完全にクラッシュしている状態のため、再使用することはできません。
主な物理障害の代表的な例としては、パソコンの電源を入れると『カツン、カツン』と異音がしたり、ハードディスクをパソコンのBIOSで認識していなかったりします。
HDDの中には、メーカー、MODELで故障する箇所が一緒だったりするものもあります。
クルマであれば間違いなくリコール対象でしょう。
中には基盤がショートして燃えてしまうハードディスクもありますの古いハードディスクを使うことは危険ですので気をつけましょう。さすがに最近のハードディスクでは、そのようなものはないようですが。
尚、障害の程度がよく分からない場合、ハードディスクを取り外してUSBの外付けケースに接続して、正常なパソコンにつなげてみると良いでしょう。モーターが駆動していなかったり、正常なパソコンでも認識されなければ、ほとんどが物理障害と思ってよいでしょう。
ハードディスクのヘッドに障害がある場合、通常、データが記録されているプラッター上を浮いていなければならないヘッド部分がプラッターを傷つけてしまい、完全にデータが読み取りできなくなる可能性もあります。
物理障害・論理障害を問わず、データが重要な場合には、あまり作業をせずにデータ復旧業者に依頼したほうが無難でしょう。

データ復旧サービス人気ランキング

  1. No.1データピット

  2. No.2オントラック

  3. No.3ロジテック


関連記事

データ復旧サービス人気ランキング

  1. データピット

    1

  2. オントラック

    2

  3. ロジテック

    3

ランキング一覧

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!