記事の詳細

最近の、ネットワーク関係についてはほとんどが、TCPIPプロトコルで統一されていますが、何らかの理由でNetBEUI をWindows XP にインストールする必要があるときが中にはあります。少し古いプリンターサーバーなどを使っていると、 NetBEUI がなければ正常にネットワークに入ることができないケースがあります。


しかしNetBEUI はWindows XP にはDLC プロトコル同様、最初からは含まれていません。
NetBEUI については、Windows XP CD-ROM の Valueadd\msft\net\netbeui フォルダに含まれているため、下記の手順で追加インストールする必要があるのです。
■ NetBEUI をWindows XP にインストールする手順
(1) nbf.sys を %Systemroot%\System32\Drivers フォルダにコピーします。
(2) netnbf.inf を %Systemroot%\inf フォルダにコピーします。
(3) [スタート]-[コントロールパネル] から「ネットワーク接続」を開きます。
(4) ローカルエリア接続を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
(5) [全般] タブの「インストール」ボタンをクリックします。
(6) [プロトコル] を選択して「追加」ボタンをクリックします。
(7) [NetBEUI プロトコル] を選択して「OK」ボタンをクリックします。
(8) Windows を再起動します。 通常はこれで完了です。
なお、上記手順で NetBEUI プロトコルを追加しても、NetBEUI で他の PC の共有にアクセスできない場合、以下の設定も確認する必要があります。
[スタート]-[コントロールパネル] から「ネットワーク接続」を開きます。
ネットワーク接続フォルダのメニューバーから [詳細設定]-[詳細設定] をクリックします。
[アダプタとバインド] タブで、Microsoft ネットワーク用クライアントおよび Microsoft ネットワーク用ファイルとプリンタ共有に対し、NetBEUI プロトコルがバインドされていることを確認。
ここでNetBEUI プロトコルがバインドされていれば問題ありません。

データ復旧サービス人気ランキング

  1. No.1データピット

  2. No.2オントラック

  3. No.3ロジテック


関連記事

データ復旧サービス人気ランキング

  1. データピット

    1

  2. オントラック

    2

  3. ロジテック

    3

ランキング一覧

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!