記事の詳細

WINDOWSがセーフモードで起動する場合、WINDOWSのシステム障害が考えられます。MBR・NTLDRの障害または該当セクター・クラスターの損傷、ウィルス等、様々な原因が考えられます。セーフモードで起動する場合には、「スタート」-「すべてのプログラム」-「アクセサリー」-「システムツール」-「システムの復元」の実行で正常に起動できるようになる可能性がります。


(★ パソコンが2台ある場合) 
HDD(ハードディスク)をパソコン本体から外して別のパソコンからアクセスしてHDD(ハードディスク)を認識すれば、データ復旧ができる可能性があります。
(★ パソコンが一台しかない場合) 
HDD(ハードディスク)をパソコン本体から外して、新しいハードディスクを購入し、新しいHDDでリカバリー作業を行ってください。リカバリー終了後、本体から外したHDDをUSBまたはIDE接続し、HDDを認識できるかどうか確認してください。HDD(ハードディスク)を認識すれば、HDD復旧できる可能性があります。
またHDDを取り外さないで、セーフモードで起動する場合WINDOWSのシステム修復にて復旧できる可能性がありますが、作業を間違うとデータを消失しかねません。また間違って初期化・リカバリーを行ってしまうとデータ復旧できなくなる可能性があります。
復旧・復元に掛かる費用・予算とそのデータとの重要性をよく考えてから、「自分で作業を行うのか」、「データ復旧の専門業者に依頼するのか」、判断することが重要です。
最悪なくなっても問題ないという場合にのみ自分で作業してください。 または数万円もかかるデータ復旧サービスは予算的に依頼できない場合にのみ自分で作業してください。
とても重要で、予算があえば復旧・復元を依頼したいのなら、自分では決して作業せずに復旧業者に依頼しましょう。

データ復旧サービス人気ランキング

  1. No.1データピット

  2. No.2オントラック

  3. No.3ロジテック


関連記事

データ復旧サービス人気ランキング

  1. データピット

    1

  2. オントラック

    2

  3. ロジテック

    3

ランキング一覧

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!