記事の詳細

幾つかの障害事例がありますが、どのケースでも、自分でデータ復旧作業を行うと、最悪、大切なデータが復旧できなくなる危険性が極めて高くなります。専門のデータ復旧業者を探してハードディスクを郵送し、データ復旧を相談したほうが良いでしょう。

<span id=”more-608″>
(1)必要なデータにアクセスできなくなってしまった。 BIOSで認識されない
(2)パソコンのモニター画面にCRC巡回助長エラーと表示される。
(3)HDD(ハードディスク)を接続しても「ドライブ名\にアクセスできません」と警告メッセージが表示され、ドライブの中味を見ることやアクセスすることができない。
(4)パソコンの電源を入れると青い画面(ブルースクリーン)に、英語の白い文字で、「0X0000007B」等とエラーメッセージが表示される。
(5)HDD(ハードディスク)を接続すると、「このフォルダは、移動または削除されました」と表示される。
(6)ドライブを認識しない「コンピュータ管理では認識されているが、マイコンピュータではドライブ名が表示されない」
(7)HDD(ハードディスク)から異音がする「ハードディスクの電源を入れるとキーキー・カツン、カツンと音がする」
(8)HDD(ハードディスク)モーターが回転しない「基盤は熱くなるがモーターが回転していない」
(9)HDD(ハードディスク)基盤が焦げている「基盤から匂いまたは煙が出ている」
(10)パソコンからエラーメッセージが表示される
HDD(ハードディスク)及びパソコンに障害が発生すると通常、パソコンのモニター画面に何らかのエラーメッセージが出てくることがあります。「次のファイルが存在しないかまたは壊れているため」と表示される場合、WINDOWSのファイル障害・セクター・クラスターエラーによる論理障害の可能性があります。
その場合、データを上書きしたり誤った作業を行わなければデータ復旧できる可能性があります。
但し、この場合でも、物理的な損傷または重度の論理障害の場合もありますので、自分でデータ復旧を試す場合には、最悪データが無くなっても諦められる場合のみに行いましょう。
■ エラーメッセージの代表的な例
(1)次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEM
(2)次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: \WINDOWS\SYSTEM32\CONFIG\SOFTWARE
(3)OPERATING SYSYEM NOT FOUNDとエラーメッセージが表示される。
(4)NTLDR is missing Press Ctrl+Alt+Del to restartとエラーメッセージが表示される。
(5)DISK BOOT FAILUREとエラーメッセージが表示される。
(6)BOOT DISK FAILUREとエラーメッセージが表示される。
(7)HardDisk ERRORとエラーメッセージが表示される。
(8)Hard Disk Noneとエラーメッセージが表示される。
(9)次のファイルが存在しないかまたは壊れているため、Windows を起動できませんでした: \WINDWOS\SYSTEM32\CONFIG\SYSTEMというエラー表示される。
(10)「初期化してください」「フォーマットされてません」とエラーメッセージが表示される。
(11)ご迷惑をおかけしております。windowsが正しく起動できませんでした
(12)電源を入れると青い画面に、英語の白い文字で、「0X0000007B」等とエラーメッセージが表示される。

データ復旧サービス人気ランキング

  1. No.1データピット

  2. No.2オントラック

  3. No.3ロジテック


関連記事

データ復旧サービス人気ランキング

  1. データピット

    1

  2. オントラック

    2

  3. ロジテック

    3

ランキング一覧

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!