記事の詳細

ハードディスク(HDD)はパソコン内部でデータファイルやプログラムを記憶する装置のことでです。
パソコン内部の記憶装置としてはハードディスクやフロッピーディスクなどの外部記憶装置と、メモリながあります。「ハードディスクの概要」と「フォーマット形式とOSの互換性について」解説


ハードディスクは磁気的に記録を行なうため、スピードは遅くなりますが記録容量が大きく、電源を供給しなくてもデータ記録が消えないという特徴があります。
メモリは半導体素子を利用して電気的に記録を行なうため、スピードが高速でCPUから直接読み書きすることができることが特徴ですが、電源を切ると記録データが失われてしまうのです。一般的に、パソコンには両方の記憶装置があるのですが、ユーザーがプログラムを起動して作業を行なう場合には、直近のデータや必要なデータだけをメモリによび出してつかいます。尚、長期的なデータ保存にはハードディスクが使われることになります。
ハードディスクは磁性体を塗布または蒸着した金属のディスクプラッタを何枚も重ね合わせた構造になっています。このディスクプラッタを電源供給されたモーターで高速に回転させて磁気ヘッドをレコードの針のように近づけてデータを読み書きします。
但し、実際はディスクプラッターには触れてはいません。
磁気ヘッドとディスクは10nm程度と非常に近接してはいるのですが、厳密には浮いているのです。
そのような理由からハードディスクは振動に弱い構造となっています。
ハードディスクには大きさによる違いがあります。ノートパソコン向けのものは2.5インチのハードディスクが使われています。デスクトップには3.5インチが一般的に使われています。尚、パソコンの基盤に接続するタイプにSCSIやIDE(ATA)、SATAなどがあります。
フォーマット形式とOSの互換性について
■ Windowsのオペレーションシステムとフォーマット形式の関係について
ハードディスクのフォーマット形式や、記録容量には、使用しているオペレーションシステムに依存しています。
● Windows 98SE/Meの場合
(1)FAT16 最大パーティション容量、最大ファイル容量とも2GBです。
(2)FAT32 最大パーティション容量は、事実上、無制限です。1つのファイル最大容量は、4GB迄です。そのため、4GB超えるデータは保存できません。
(3)NTFS この形式はOSで未サポートのため、使用できません。そのため、Windows 98SE/Meなどで使用する場合、または使用する可能性がある場合は、あらかじめFAT32でフォーマットしておい
たほうが良いでしょう。
● Windows 2000/XPの場合
(1)FAT16 最大パーティション容量、最大ファイル容量とも4GBです。ただし、2GBを超えるパーティションは、
Windows 2000/XP以外のOSからは認識できません。
(2)FAT32 作成できる最大パーティション容量は32GBですが、Windows 98SE/Meで作成された32GBを超えるFAT32パーティションも利用は可能です。
ただしこの場合も1つのファイル最大容量は、4GB迄です。
(3)NTFS 最大パーティション容量、最大ファイル容量とも事実上、無制限です。
但し、NTFSは、Windows 98SE/Meでは認識できませんし、使用できません。

データ復旧サービス人気ランキング

  1. No.1データピット

  2. No.2オントラック

  3. No.3ロジテック


関連記事

データ復旧サービス人気ランキング

  1. データピット

    1

  2. オントラック

    2

  3. ロジテック

    3

ランキング一覧

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!